開催趣旨

 日本人女性のQOL向上を目指し開催してまいりました、医師とコメディカルのための「OC啓発セミナー」および「女性医療セミナー」は、今年で15年目を迎えます。
 OC発売から20年、また治療薬としての適応を持つLEP製剤が発売され11年が経過し、従来の周期投与法に加え、連続投与法という新しい選択肢が誕生しました。連続投与法は、治療を考えた場合、海外では主流の投与法となっておりますが、日本においては、未だ周期投与法による治療が多い状況が続いています。
 このような状況を鑑み、本セミナーでは、「月経は健康のバロメーターである」「月経には解毒作用がある」などという日本人の中に根強く残っている月経観について考えるとともに、女性にとっての現代病ともいえる子宮内膜症による女性のQOLへの影響を考慮した早期治療介入の重要性と連続投与法の有用性に関する最新情報を提供させていただきます。また、実地臨床において、連続投与法導入における患者とのコミュニケーションの工夫について、具体的で臨床に役立つディスカッションを計画しております。
 今年も、先生方の日々の診療に役立つ情報をご提供致しますので奮ってご参加ください。

一般社団法人 日本家族計画協会 理事長  北村 邦夫

対象者

婦人科外来診療を担う開業医を中心とした婦人科医/コメディカル (若手病院医師含む)

参加費

1,000円(消費税込)/1名

単位取得について

以下の付与を予定しております。
●日本産婦人科医会 研修参加証:シール(10単位)
●日本産科婦人科学会 専門医研修出席証明:e医学会カード(10単位)
●日本専門医機構 産婦⼈科領域講習:出席(1単位)、受講(2単位)

e医学会カード(UMIN カード)を
必ずご持参いただきますようお願い申し上げます。

日本産婦人科医会 研修参加証

単位取得を希望される方は受付に設置する「単位受付」にて、医会シールをお受取りください。

日本産科婦人科学会 専門医研修出席証明

e医学会カード

受付に設置する「単位受付」でe医学会カード(UMINカード)のバーコードスキャンにより専門医研修出席証明(10単位)が付与されます。

日本専門医機構 出席・受講単位

e医学会カード

●出席単位:受付に設置する「単位受付」でe医学会カード(UMINカード)のバーコードスキャンにより出席(1単位)が付与されます。
●受講単位:セミナー開催中に設置する「受講単位受付」でe医学会カード(UMINカード)のバーコードスキャンにより受講(2単位)が付与されます。受講単位受付は休憩時間以降に設置する予定です。詳細なご案内は、当日行います。

申し込み方法

事前参加お申込みは、定員を超えない限り各会場の開催日前日までお受けしておりますが、 受講希望者が定員を超えますと早期で締め切りさせていただく場合もございます。 また、申込無しの当日参加も定員を超えていない限りは可能ですが、状況によっては事前にお申し込みされた方の入場を優先させていただきますので、事前申込をお勧めいたします。

下記のいずれかの方法にてお申し込みください。

1. インターネット

こちらの申し込みページより必要事項をご登録下さい。

登録完了後、すぐに自動返信メールをお送りしております。

メールが届かない場合、ご利用の環境で迷惑メールと判別されていないかをご確認ください。

2. FAX

「参加申込書」に必要事項をご記入の上、事務局宛(下記FAX番号)にお送りください。
・「参加申込書」は施設ごとにご記入ください。
・受講希望者が定員を超えますと受講いただけない場合もございます。早めのお申し込みをお願い致します。
・インターネットもしくはFAXでのお申込みができない場合、参加申込書を郵送で事務局までお送りください。
【女性医療セミナー事務局】
 〒106-0032 東京都港区六本木4-8-7 六本木三河台ビル7F

FAX:03-6893-5262

FAX・郵送用参加申込書

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe社のAdobe Reader(アドビ・リーダー)が必要です。
Adobe Readerがインストールされていない場合は、ダウンロードしてください。

受講のご連絡

1. インターネットでお申し込みをされた方

ご登録完了後に、登録されたメールアドレスに確認のメールが配信されます。当メールから受講票がダウンロードできますので、印刷の上、当日受付にてご提示ください。

2. FAXでお申し込みをされた方

「参加申込書」到着後、1週間程度で受講票を郵送いたしますので当日受付にてご提示下さい。 受講票の発送まで、しばらくお時間をいただく場合もございます。 希望者が多数となり受講をお断りさせていただく場合は、FAXにてご連絡をさせていただきます。

開催日の1週間前になっても受講票が届かない場合には、事務局までお問い合わせ下さい。


【女性医療セミナー事務局】
TEL:03-6890-1097(平日 10:00~18:00)
FAX:03-6893-5262
E-mail:info@josei-iryo.jp

会場/プログラム

東京会場

日時 6月2日(日)
定員 400名
会場 JPタワー ホール&カンファレンス
4F ホール


〒100-7004
東京都千代田区丸の内2丁目7-2
JPタワー 4F
TEL:03-5222-1800
JR東京駅 徒歩約1分

交通アクセス>>
13:00-13:05

開会挨拶

東京産婦人科医会 会長 落合 和彦
13:05-13:30

Overview
「Overview:
 改めて日本人女性に問う!月経は健康のバロメーターですか?」

演者一般社団法人 日本家族計画協会 理事長 北村 邦夫
13:30-14:35

基調講演
「子宮内膜症がもたらす様々なリスクと早期治療介入の重要性」

座長 一般社団法人 日本家族計画協会 理事長 北村 邦夫
演者 東京大学大学院医学系研究科 産婦人科学講座 准教授
東京大学医学部附属病院 女性診療科・産科
平池 修
14:35-14:50

休憩

14:50-16:00

ディスカッション
「周期投与から連続投与へ ~フレキシブル投与法導入に向けて患者とのコミュニケーションをどう図るか~」

座長 一般社団法人 日本家族計画協会 理事長 北村 邦夫
登壇者 よしの女性診療所 院長 吉野 一枝
登壇者 医療法人社団のぞみ会レディースクリニックぬまのはた 理事長
札幌医科大学産婦人科学講座 臨床教授
水元 久修
16:00-17:00

情報交換会




大阪会場

日時 6月30日(日)
定員 300名
会場 コングレコンベンションセンター

〒530-0011
大阪府大阪市北区大深町3-1
グランフロント大阪 北館B2F
TEL:06-6292-6911

交通アクセス>>
13:00-13:05

開会挨拶

大阪産婦人科医会 会長 志村 研太郎
13:05-13:30

Overview
「Overview:
 改めて日本人女性に問う!月経は健康のバロメーターですか?」

演者一般社団法人 日本家族計画協会 理事長 北村 邦夫
13:30-14:35

基調講演
「子宮内膜症がもたらす様々なリスクと早期治療介入の重要性」

座長 一般社団法人 日本家族計画協会 理事長 北村 邦夫
演者 東京大学大学院医学系研究科 産婦人科学講座 准教授
東京大学医学部附属病院 女性診療科・産科
甲賀 かをり
14:35-14:50

休憩

14:50-16:00

ディスカッション
「周期投与から連続投与へ ~フレキシブル投与法導入に向けて患者とのコミュニケーションをどう図るか~」

座長 一般社団法人 日本家族計画協会 理事長 北村 邦夫
登壇者 ひまわりレディースクリニック 院長 植田 啓
登壇者 茶屋町レディースクリニック 理事長 奥 久人
16:00-17:00

情報交換会